あけましておめでとうございます



昨年はコロナ禍により従来の在り方や生き方を考え直す機会となりました。個人的には、六十年前の学生時代から書き続けてきた雑文を整理し、既刊書未収の未刊論考をデジタルデータとして、京都の方丈堂出版からDVD‐ROMとコピー略製本の形で出す計画を立てました(詳細添付参照)。かなりの冒険ですが、親友・学友の協力をえて、三年で完成することを目標に頑張ります。
なお、その第二巻(②③の二冊)でとりあげる菅原道真公(承和十二年丑年生まれ)が、近年見直されつゝあり、NHKテレビでは先般の「知恵泉」に続いて新年一月十三日夜と二月九日午後「歴史秘話ヒストリア」で特集放映される予定です(番組案内参照)。菅公のような「誠の道にかなふ」生涯を貫くことは容易でありませんが、それを手本にして、今年も有志と共に努力を続けたいと存じます。

   令和三年乙丑(二〇二一)元旦

(かんせいPLAZA主筆)所  功 


右大臣菅原道真公(845~903)像
(所功『菅原道真の実像』表紙掲載の北野天満宮所蔵「束帯天神像」より)

「所功の未刊論考デジタル集成」出版計画
「所功の未刊論考デジタル集成」挨拶文
「所功の未刊論考デジタル集成」表紙案
「所功の未刊論考デジタル集成」第Ⅰ期(①~③)目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)