平成29年(2017)4月の主な活動記録(抄)



【論文・評論】

1.「神武天皇の御陵と宮中の式年祭」(『月刊朝礼』4月号、4月1日)

2.「維新のさきがけ―光格天皇の御事績―」(『モラロジー研究所所報』4月号、4月1日)

3.「戦国時代の天皇による御写経の大御心」(『装道』春号、4月1日)

4.「光格天皇の譲位式と『桜町殿行幸図』」(『藝林』65‐1、4月10日)

5.「譲位後の天皇は「上皇」、皇后は「太后」の論拠」(HPかんせいPLAZA、4月7日)

6.「皇嗣は称号に非ず、歴史的には「皇太弟」」(HPかんせいPLAZA、4月14日)

7.「今上陛下の退位=譲位は当然「国の儀式」として」(HPかんせいPLAZA、4月23日)

8.「譲位最終報告―道筋つけたこと評価」(『産経新聞』4月22日朝刊)

【講演・講話】

1.「今上天皇の「お言葉」を読み解く」(麗沢大学オープンカレッジ、4月12日)

2.「天皇譲位問題検討論議」(読売テレビ「そこまで言って委員会NP」4月28日収録、5月6日放映)

                                      以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA