平成29年(2017)5月の主な活動記録(抄)



平成29年(2017)5月の主な活動記録(抄)

【論文・評論】

1.「光格天皇の「寛政新造内裏還幸行列絵図」(『モラロジー研究』79、5月25日)

2.「朝廷の威力―仁孝・孝明両天皇の御事績」(『モラロジー研究所所報』5月号、4月1日)

3.「皇太子殿下のお言葉と後奈良天皇の御軫念」(同上)

4.「四国に還幸された土御門上皇の遺蹟歴訪」(『月刊朝礼』5月号、5月1日)

5.「ご叡慮「高齢譲位」の望ましい在り方」(『神社新報』5月22号)

6.「皇室永続の可能性を拡大する具体策」(HPかんせいPLAZA、5月27日)

【講演・講義・役員会など】

1.「日本の祝祭日と京都の三大祭」(京都産業大学文化学部リレー講義、5月10日午後)

2.「後桜町女帝の『譲位移徙行列絵巻』考証」(京都産業大学日本文化研究所研究発表会、5月10日夜)

3.国民会館(公益社団法人)理事会(大阪、5月11日)

4.「眞子さまご婚約と女性宮家」(BSフジ・プライムニュース、5月26日夜)

5.「象徴天皇「高齢譲位」の在り方」(日本弘道会総会記念講演、5月26日夜)

6.日本学協会(一般財団法人)理事会(東京、5月28日)

7.年号と譲位に関する資料(有栖川宮家→高松宮家→歴民博)調査(国立歴史民俗博物館、5月31日)

8.京都産業大学評議員会(京都、5月30日)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA