平成30年(2018)7月の主な活動記録(抄)



【論考】
・「盲目の学者塙保己一『世のため、後のため』」『月刊朝礼』7月号、7月1日
・「ご慶事を機に実現の可能な対策を」ミカド文庫、7月5日
・「新しい元号の公布と施行の日時(試案)」ミカド文庫、7月20日
【講演・講義】
・「近代京都の発展要因―平安神宮の御創建と大正・昭和の御大礼―」平安神宮、7月6日
・「皇位継承の儀式・祭祀と元号制度」京都産業大学同窓会岐阜県支部、7月7日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)