平成30年(2018)8月の主な活動記録(抄)



【論考】
・「来秋の『悠紀・主基サミット』に向けて」『月刊朝礼』8月号、8月1日
・「昭和天皇の戦没者慰霊に学ぶ」ミカド文庫、8月15日
・「明治の即位式と改元の画期的意義」ミカド文庫、8月20日
【講演・講義】
・「崇神天皇の御事績とマツリゴトの特色」よみうりホール、8月25日
・「明治の即位式と改元の画期的意義」八坂神社、8月26日
・「近世の天皇と京都」山田松香木店 伝承工房、8月27日
・「新しい元号の在り方」装道礼法着物学院講座、8月29日
・「これからの皇室と元号の在り方」NHK文化センター青山教室、8月29日
・「新しい元号への展望―改元の在り方の見直しは可能か―」東京大学弥生会館、8月30日
【その他】
・日本テレビ「皇室日記」、8月15日収録、8月19日放映
・BS日本テレビ「深層ニュース」、8月21日収録、8月22日放映

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)