平成30年(2018)11月の主な活動記録(抄)



【論考】
・「一年後の「大嘗祭」が持つ「公的性格」」『所報』11月号、11月1日
・「定年後の恩返し 余生を楽しむ」『月刊朝礼』11月号、11月1日
・「みんなで歌う母校の校歌」『歴史研究』11月号巻頭言、11月10日
・「「連れ合い」との五十年」『歴史研究』11月号、11月10日
【講演・講義】
・「新しい皇室と元号の在り方」横浜中ロータリークラブ、11月9日
・「大嘗祭とは何か―昭和大嘗祭主基(福岡)斎田の歴史的意義―」京都産業大学同窓会福岡県支部、11月25日
・皇居勤労奉仕勉強会に講師として出講、日比谷図書文化館、11月27日
【その他】
・科学研究費応募(学術図書出版助成)、11月7日
・皇室関係資料文庫プロジェクト研究会「大嘗祭と亀卜の方法―近年の研究成果をもとに―」出席、研究センター、11月14日
・秋篠宮殿下お誕生日会見発言へのコメント(毎日新聞11月30日朝刊「お立場考え慎重に」、京都新聞11月30日朝刊「表現配慮すべきだ」)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)